Intelligently Collecting Data at the Edge – Intro to Apache MiNiFi

Intelligently Collecting Data at the Edge – Intro to Apache MiNiFi

Thursday, March 21
11:50 AM - 12:30 PM
Room 127-128

Description: MiNiFi allows data collection in brand new environments — sensors with tiny footprints, distributed systems with intermittent or restricted bandwidth, and even disposable or ephemeral hardware. Not only can this data be prioritized and have some initial analysis performed at the edge, it can be encrypted and secured immediately.

概念: Apache NiFiは革命的なデータフロー管理システムと、既存のデータ生産、消費、そして分析エコシステムの広範囲の統合を提供しており、それらはすべて強固なデータ配信と(データの)来歴インフラストラクチャで保護されています。NiFiの勢力範囲を最大まで拡大する、追加プロジェクトApache MiNiFiについて今すぐお学びください。MiNiFiは、既存の標準データ収集プラットフォームより1桁小さく、さほど強力でないハードウェアに配置できる軽量のアプリケーションです。JVM対応でネイティブエージェントであるMiNiFi は、真新しい環境でのデータ収集を可能にします — フットプリントが小さなセンサー、断続的または制限された帯域幅の分散システム、そして使い捨てまたは短命なハードウェア。このデータを優先にしたり、初期的な分析をエッジで実行できるだけでなく、ただちに暗号化し保護することができます。地域の統治・規制ポリシーが地政学的な境界に適用され、法的要件に準拠します。そしてこの構成のすべては既存のNiFiと、データフロー管理者がすでにお気に入りで、信用のおける安定したUIを使用して中央制御から行うことができます。

Expected prior knowledge / intended audience: developers and data flow managers should have passing knowledge of Apache NiFi as a platform for routing, transforming, and delivering data through systems (a brief overview will be provided). The talk will focus on extending the data collection, routing, provenance, and governance capabilities of NiFi to IoT/edge integration via MiNiFi.

重要なポイント: 参加者はデータフローを、IoTデバイス、車両、機械などデータのソース、「エッジ」の近くに収集しキャプチャする機会について学びます。参加者は、初期のデータライフサイクルでこのデータを優先、フィルタリング、保護、操作し、データの可視性とパフォーマンスの向上の可能性について理解します。

Presentation Video

講演者

アンディ・ロプレスト
技術スタッフ
シニアメンバー
Hortonworks, Inc.
アンディ・ロプレストは、Hortonworksの技術スタッフ シニアメンバーで、Hortonworks DataFlow チームに勤務しています。彼は、Apache NiFi、オープンソース、ロバスト、安全なデータルーティングと配信システムのコミッタおよび製品管理委員という役割を果たしています。アンディはアイデンティティ管理、TLS交渉、データ保護、アクセス制御、暗号化とハッシングを含む、NiFiの安全性に注力しています。また、安全な指令および管理、即時のデータ来歴と統制を含む、エッジデータ収集を推進する、サブプロジェクトのApache MiNiFiにも携わっています。彼はシンガポール、東京、メルボルン、ベルリン、シドニー、サンホセ、ブリュッセルで開催されたFOSDEM '17、そしてOpenIoT Summit 2017にてNiFiに関する講演を行っています。