Santander Corporate Investment Banking Big Data Architecture

Thursday, March 21
2:50 PM - 3:30 PM
Room 120-121

Hello, I'm Javier Nieto from Banco Santander. I'm working in the architecture and innovation department of Santander Corporate Investment Banking (SCIB). We made an innovative architecture to meet the bank's new goals. As a summary of our architecture: We use both a a batch data lake for daily processing and a transactional cluster for intraday operative. We do periodic data synchronization between them. We use several different technologias, Flink, Hazelcast, Kafka, Drools, Cloudera, Spark, NiFi, Hortonworks and Schema Registry.

講演者

ハビエル・ニエト・センテノ
イノベーション&アーキテクチャ
サンタンデール銀行
現在、Banco Santanderで企業投資銀行業務のイノベーションとアーキテクチャとして取り組んでいます。Santanderグループに勤務して13年になります。以前は、IDG Communications SpainにてITマネージャーとして5年間勤務しました。私の主な役割はグループのウェブ戦略の開発と改善でした。また、PC World、Computerworld、Macworldなどの出版物に20以上の記事を投稿しています。Universidad Ponitifica de Salamancaにてコンピュータの学位を取得しています。