Risk listening: monitoring for profitable growth

Wednesday, June 20
4:40 PM - 5:30 PM
Meeting Room 230C

Historically, insurers used 50-, 100-, and 500-year flood models for risk evaluation and pricing. The extreme weather events we have experienced in 2017 alone prove how dated these methods really are.

To better understand their customers and potential current/future liability claims, forward thinking insurers are monitoring, analyzing, and integrating external data sources in real time (weather feeds from USGS.gov, news and stock feeds, and satellite imagery, to name just a few). By integrating and injecting these new data sources into their risk models and underwriting, insurers are better able to identify their risk appetites and effectively price.

The session will include real-world case studies, including how a global P and C insurer is now quickly analyzing and monitoring 50,000 customers and targets, gaining new insights into the market. Another example is a global reinsurance and specialty company that now leverages digital news channels to monitor its risk portfolio for early warning claims indicators to help drive down loss costs.

講演者

シンディ・マイキ
インダストリー
ソリューション副社長
Hortonworks, Inc.
シンディ・マイキは、Hortonworksで保険業界向けソリューションのジェネラルマネージャーとして、グローバル保険業界向けの戦略および顧客エンゲージメントに携わっています。シンディは、現代の事業成長の分析を活用して顧客やパートナーと提携し、進化する保険業界でイノベーションを推進するための新しいデータの使用を探索しています。金融、そして保険業界でコンサルティングおよびアドバイザリー サービスで25年の経験を持ち、アナリティクスとテクノロジーを活用した事業戦略で業績を推進するために世界のクライアントと提携してきました。シンディは保険請求と引受の両方で深い業界知識を持ち、アナリティクスおよびデータを使用してビジネス成果を向上することに注力しています。IBM Watsonソリューショングループ、Carrier Insurance、ACORDの戦略部長の職務経験を持ち、Strategy Meets Action Research and Advisory Services の共同設立者でもあります。彼女はまた、CPA(公認会計士)でもあります。彼女はビジネス問題の解決に情熱を持ち、プロセス改善を絶えず信じ、高度アナリティクスとしての今日の次世代ビジネスインテリジェンスが、保険業界に革命を起こすことを強く信じています。シンディは、ビジネスアナリティクス、コグニティブ コンピューティング、そしてつながる世界での保険の進化の価値に関するビジネスイベントで、頻繁に講義しています。