It is likely that your organization has, or plans to have, data on-premise, data at the edge, and data in one or more public clouds. To meet your business’ needs you are required to manage and process your data in all of these locations. Governing, securing, transforming, querying, and deriving value from this data in heterogeneous locations and environments demands a consistent set of tools for administrators, security teams, data scientists, and analysts. In this talk, Hortonworks Founder and Chief Architect Sanjay Radia will discuss how the right architecture achieves this consistency today, as well as show how that architecture will evolve as your data continues to grow.

Keynote Slides

講演者

サンジェイ・ラディア
チーフアーキテクト
創立者
Hortonworks, Inc.
サンジェイは、Hortonworksの設立者、チーフアーキテクトであり、Apache Hadoop コミッタ、およびApache Hadoop PMCのメンバーでもあります。Hortonworks 共同設立に先立ち、サンジェイはYahooのコアHadoopのチーフアーキテクトとしてHadoopの設計に携わりました。Hadoopでは、HDFS、MapReduceスケジューラー、YARNの設計、高可用性、互換性など様々な分野に貢献しています。また、Sun Microsystems と INRIA ではシニアエンジニアの役職を果たし、分散システム、グリッド/ユーティリティ·コンピューティング·インフラストラクチャのためのソフトウェアを開発しました。サンジェイは、カナダの University of Waterloo にてコンピュータ科学の博士号を取得しています。