ソフトバンクでの多種基幹システム間連携におけるHortonworks DataFlow Kafka/Storm の活用事例

ソフトバンクでの多種基幹システム間連携におけるHortonworks DataFlow Kafka/Storm の活用事例

10月16日火曜日
4:05 PM - 4:50 PM
401号室

このセッションでは、佐々木 謙一氏と前田 紘志氏がどのようにソフトバンクがHortonworks DataFlow Kafka/Stormを活用するか、実装の際に直面した問題および解決法についてお話します。

ソフトバンクについて:

今日、テクノロジーは世界中の社会、産業、ライフスタイルを一変させています。PCやスマートフォンに加え、ありとあらゆる新しいデバイスが誕生し、すべてがインターネットとつながることで、データ量が爆発的に増加しています。マイクロプロセッサの機能を改善することで、これらの大量のデータ処理や通信スピードが加速し、機械が人間のインテリジェンスを上回る「スーパーインテリジェンス」の世界、「シンギュラリティ」が実現するのも時間の問題でしょう。このような世界では、社会や産業に関わるすべての分野が再定義され、事業を行う方法やライフスタイルは根本的に変化し新しい事業機会が創造されるでしょう。

創業以来、ソフトバンクグループは人々や社会の幸福に貢献するために「情報革命」を探究してきました。人類に幸福をもたらすためには、「情報革命」の無限の可能性を正確に展開していく必要があります。このビジョンこそ、成長を追求していくためのソフトバンクグループの原動力となります。

講演者

佐々木 謙一
ITインフラ統括部
プラットフォーム開発部
システム開発チームリーダ
ソフトバンク株式会社
システム開発チームリーダ
紘志 前田
Platform Development Manager, Information Technology Division
SoftBank
システム開発チームリーダ