オープンソースのハイブリッド クラウドデータアーキテクチャでエンタープライズワークロードを実行

オープンソースのハイブリッド クラウドデータアーキテクチャでエンタープライズワークロードを実行

10月16日火曜日
2:05 PM - 2:50 PM
301号室

クラウドは、企業ITランドスケープを機敏性と柔軟性で加速させています。現在では、クラウドアーキテクチャの議論が企業ITを支配しています。クラウドは、分析ワークロードの機会を一転させる数々の一時的なオンデマンド ユースケースを可能にします。しかしこれにはすべて、企業ワークロードを安全で容易にクラウドで実行するための課題を伴います。

クラウド、IoT、およびビッグデータテクノロジーの収束で、企業は、例えば、国境を越えたデータ転送を制限する規制や準拠要件が理由で、次第に複数のオンプレミスのData Lakeや、様々な地理の複数のパブリッククラウド ベンダープラットフォームのクラウドData Lake格納にデータを分散するようになりました。 この複雑なランドスケープでのデータ種類やソースの拡散により、発見プロセス、プロビジョニング、そしてこのデータに適切なワークロードを実行して洞察を得ることがより複雑になりました。さらに、ビジネスコンテキスト、使用量、そしてデータの信用性の可視性を世界範囲で得るには、あらゆるデータおよびメタデータ、セキュリティ管理、データアクセス、そして監視を一元的に表示することが必要になります。

これらのすべての問題は、初期のデータキャプチャとその後の価値創造を推進するためのデータ洞察の生成の間に亀裂を作ってしまいます。そのため、企業は現在、価値を創造するために責任を持ってユーザーとデータを共有したり提携できる信頼のおける環境を提供しつつ、適切な規則とデータ統制のポリシーの間にある妥協点を探す「グローバル洞察ファブリック」を必要とします。

この講演では、どのようにHortonworks DataPlane Service (DPS) が、格納を広げ、クラウドの融通性と新しいユースケースを利用したオープンソース ハイブリッドアーキテクチャを実装するためにデータセンター内のデータを分析する、グローバルインサイトファブリックを顧客が作成するのに役立つかについて説明します。データをオンプレミス データセンターから複数のパブリッククラウドに安全に移行し、複製を使ってそのデータを保護してから、一貫した安全性および統治ポリシーを多種多様の環境に適用して信用のおけるデータおよびインサイトを、ビジネスに提供する際に直面する課題について、個人的な見解を提供します。DetaPlaneサービスが、いかにこのハイブリッドアーキテクチャへの旅に役立つか、そしてオープンソースアーキテクチャがいかに企業全体の変革を可能にするかについて説明します。

講演者

アラン・ゲイツ
共同設立者
Hortonworks, Inc.
アラン・ゲイツは Hortonworks の創業者であり、Pig を Yahoo!から入手した人物です。Labの研究プロジェクトから Apache オープンソースプロジェクトへ導いたエンジニアリングチームのオリジナルメンバーです。アランは Apache Hive、Pig、その他多くの Apache プロジェクトの PMC メンバーです。Apache のインキュベーター PMC の一環として、彼は多くの Apache コミュニティーに対するメンターを務めてきました。アランは、Oregon State University にて数学の理学士号を、Fuller Theological Seminary にて神学の修士号を取得しています。また、「Programming Pig」(O'Reilly Press 出版) の著者でもあります。Twitterでアランをフォロー: @alanfgates